2010/06/13 (Sun) 順調に遅れてます

前のをうpった後、久々にFF9やり始めました。いまDisk3の終盤。
マーカス自動レベル上げの装備とかここほれチョコボでローブオブロードげっととか超時間かかった。
でも動画以外でうんうん悩むのも久しぶりだったなー。






今の今までblogコメの返信忘れてた・・・orz
ここで返信しておきます。申し訳ない。

以下格納

>紫電P さん
リンクの件はお気軽にどうぞ~。
ありゃ、趙雲単騎駆けのグラって有名なのに無いんですか。麋夫人や阿斗があるのに何でやろ?
でもよく考えてみれば信長でも有名イベントグラって結構少なかったなあ。趙雲も犠牲になっちゃったんでしょうか。なんにしても意外でした。
この件のグラは近々必要になりそうでして、そのうちついったとかでお願いさせてもらうかもしれませぬ。
もしお手数でなければご協力くだされ~。

そしていまテレビ東京で三国志やってるw。ほうれん草の話。こんな時代にあったのか・・・?


>えこにあん さん
地元民キターw
どうもいらっしゃいませ~。御視聴ありがとうございます。
石高で調べたところ、一覧表に近いものを見つけました。
http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html
地形事情を読ませていただきました。少なくとも拙作ででてきた「土が悪い」「荒地」という感じではなさそうですね汗。
それでも育たなかったのは、海に面した天然の漁港という立地条件も相成って、農業育成の必要がなかったからかもしれません。全てを信用してはいませんが、表を見ると石高の差が如実に出てますし。
これだけ差がついていても大国として保てたのは、やはり港の保有が大きいのでしょうね。

>金ヶ崎城趾から見た建設中の現敦賀港および市街地
いや、今後使うかどうかわかりませんww(滝汗
ですが「金ヶ崎城趾から見た」という一文に惹かれました。要望はあるけど今や史跡だから無いんじゃないかなあ・・・。
欲しいのは城門や廊下といった城内の施設でして。これ以外でも普通に背景として使えそうであれば是非ともお願いします~。
地元の方の視聴者さまが見てくれていたのは心強いです! 飽きられないように頑張りますね!

雑記 | trackback(0) | comment(9) |


<<キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!! | TOP | 絵師様募集いたします>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/06/13 19:04 | [ 編集 ]


 

反応ありがとうございますw
確かに金ヶ崎城趾はもう何もありません。戦国時代の背景画像として使えそうなのは険しい山道と化した城内くらいですかね。金ヶ崎宮のみ、創立が明治期という点に目を瞑ればまあ使えなくもない雰囲気はありますが……。

ただ、金ヶ崎城と同時期に存在していた敦賀城の城門、西福寺という1400年代から続いているお寺、気比神宮、野坂山、気比の松原等、金ヶ崎城趾内に限定しなければ背景や城内施設代わりになりそうなモノ自体は結構あります。実家に帰ったついでに市内の写真を撮り歩いて、使えそうな写真があれば、甚だご迷惑かとは思いますが、敦賀の歴史を皆さんにご理解いただくためにも提供させて戴きたいと思ってます。

石高ですが、太閤検地の時期に50万石もあれば上等ではないでしょうか?まあ、越前全体と言うことで、昔からかなり肥沃だった福井平野一帯の石高も含まれていますので、もしかしたら敦賀郡自体の石高は、昔は高くなかったのかもしれませんが。
……私の勘違いでしたら誠に申し訳ないのですが、もしかして敦賀郡は若狭国に属してるとお思いでしょうか?

2010/06/14 02:32 | えこにあん [ 編集 ]


 

>えこにあん さん
ああ失礼。一部分に疑いを持たれるような説明をしてますね。申し訳ない。

敦賀だけの石高は、太閤検地の時点で当時領主であった大谷吉継が5万石を領有しています。
越前が50万石と仮定。ということは敦賀以外の越前石高は45万石になります。
越前全体の広さを確認すると、敦賀で5万石はやはり小さいと思います。
もっと潤ってもよさそうな地形なのにこの数字はどうなのかな、と思った次第であります。
石高が小さければ軍役も小さくなるので、商工業を重視したのもそういった懸念があったからかもしれません。

敦賀の歴史も中々に面白いものですね。拙者はこの地域とは全く無縁の者ではありますが、
この動画をきっかけにとても興味を見出していますし、今後お預かりさせて頂く写真などから
視聴者も興味を持っていただければ嬉しいですね。自信はありませんが頑張ります。
写真、急ぎませんのでお待ちしております~。

2010/06/14 13:11 | 宗滴P [ 編集 ]


 

ご無沙汰のクマーです、石高のお話に横入りしちゃいたく推参です。

以前にもコメントで書きましたが、クマーは川中島に棲家があります。この辺の大名は三途の川の渡し賃の紋所が有名なあの家ですが、公称10万石の松代藩は、実高は7万石でありました。
四公六民だと収入は2万8千石、苦しい台所(苦笑)貫高制のままで維新まで行っちゃうわけですね。

話が逸れました。クマーは敦賀は中学生の頃に一度だけ訪れただけなので、グーグル先生の地図の地形モードで確認してみました。敦賀周辺の平地の具合では、やはり表高5万石というのは妥当な線ではないかと思います。おそらく実高も近い数字だったんではないでしょうか?
まあ水田だけが全てではないでしょうけども……

大谷刑部さんは、港湾や越前杉などのアガリで5万石以上の実入りがあったみたいですね。
国際貿易港の存在は大きいですねぇ……

詳しい人に教えてほしいところであります。

延々と的外れな事を失礼しましたー、ではまたいずれ。

2010/06/16 01:29 | クマー [ 編集 ]


 

>クマー さん
いつもどうもですー。
うむむ、実収入が頭から抜けていました。検地での数字がそのまま収入ではないですものね。松代藩もさぞ大変だったでしょう。でも信濃国内では最高の石高だったようですねw
>妥当な線
ふうむ、そうですかー。やはり自分の認識は甘いのかもしれません。烈風伝で毎回全ての水田をLv.3とかにしてたもんですから無茶振りが過ぎたのかもしれません。うpした動画には問題ないかもですが私自身もっと勉強の必要性を感じました。内政は難しいのう。あととりあえず一度福井へ行かなきゃなあw

余談ですが、丁度昨夜、大谷刑部のことを調べておりました。もしかしたら元服するより早く登場するかもしれません。某秀○吉のQ太郎みたいにねwww
ではでは

2010/06/16 17:36 | 宗滴P [ 編集 ]


 

あい、信濃は平地が少ない難儀な土地ですんで(笑)

石高を考える時は、河川などの水利の面、平地の面積、人口が重要だと思うのです。
新規開拓水田は、コメにも残しましたが、農書(書いてません;)や肥料(灰、下肥、干鰯)等を活用しないといささか厳しい面もあるんじゃないかなと。
と共に、当時の総人口が今の十分の一と言う事もあって、新規開拓を大規模にやる人手はどうなのかなあと。

江戸時代の新田開発は、戦国時代と比べて、人口が約2.5倍に増加していたのも要因としてありそうです。これについては人口増が先か農業生産増が先かはちょっと分かりませんけども……

  ∩_∩
 ( ´・(ェ)・) 謎多き大谷刑部タノシミですー

では失礼をば

2010/06/18 01:16 | クマー [ 編集 ]


 

>クマー さん
新作で大変遅れてしまいました。すいません。

当時ではまだ石高制だったはずですから、そもそもが農業を疎かにすること自体が無理がありすぎなんですよねー汗。本来であれば最初から両立して緩やかに進めるのが一番問題のない方法なんでしょうけど・・・、まあそこは「架空戦記時代」だから・・・ってことでどうか汗汗汗
農地開拓をするにしても、地形も技術も人手も全く見込めないような地域、例えば淡路とかはどうだったのでしょうね? 塩に逃げたい気持ちもわからなくもなかったりww

2010/06/28 06:10 | 宗滴P [ 編集 ]


 

架空戦記時代OKです(笑)、クマー提唱ですし。

農地が見込めない土地は、特産物などに特化したりするんではないかなと思うです。
淡路なら、海産物でしょうか。色々見たら御食国の一つと推定されているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E9%A3%9F%E5%9B%BD

とんだ所で若狭との関連が出てきました(笑)

あと、淡路なら瀬戸内海運の通行料とかの海賊衆ですかねぇ。

塩wニシンPの“特産物の野望”が頭に浮かびましたw

2010/07/06 00:03 | クマー [ 編集 ]


 

> クマー さん
いつもコメ返し遅くてすいません・・・(´・ω・`)
その土地にあった産業で食いつないでいこうとしてるだけですからねー。特産にしても海運にしても、生活の糧を見つけるのはどの時代も大変な作業ですよね。
特産にすら恵まれない甲斐の国のほうがよっぽど大変だったかもしれませんなあ。馬や金山はおいといて。

2010/07/13 14:32 | 宗滴P [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://soutekip.blog55.fc2.com/tb.php/98-8cfae6f9

| TOP |

Author:宗滴P
ニコ動で公開中の「あずさの天下創世」「真・ゆとり転生」の作成日記です



制作状況(ゆと転)
脚本0% 素材0%
動画0% 音声0%


Im@s架空戦記用ロゴを
修正いたしました。
こちら

 

Im@s架空戦記
宗滴Pが公開している動画の一覧です。

カテゴリ


最新記事


最新コメント


過去の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター